top of page

生活感を無くすインテリア ホテルライクなお部屋作り


ホテルの一室のような、生活感を無くしたインテリア。

暖かいアットホームな雰囲気も良いけれど、やはり、すっきりとした生活感が無いインテリアは憧れます。

そうした空間は、ホテルライクインテリアと呼んだりするようです。


では、どうしたら生活感がない、ホテルライクなインテリアを作ることが出来るのか、そのポイントをお伝えします。



本記事の目次

1.ホテルライクインテリアの特徴

2.生活感を無くすには、シンメトリーが大切



1.ホテルライクインテリアの特徴


ホテルライクなインテリアは、下記のような特徴があります。


〈色のポイント〉

・建具、床の色、家具の色が統一

・ファブリックの色が統一(クッションと、カーテンの色がリンクしているなど)



〈アイテムのポイント〉

・生活感が出るアイテムは隠す(ティッシュやリモコンなど)

・照明は点在(必要なところだけ照らす)



上記の特徴を踏まえることで、すっきりとしたホテルのようなインテリアを作ることができます。


特に、家具の色味を統一し、色同士をリンクさせるだけでも、お部屋に統一感を出すことが出来るのでおすすめです。


また、照明は、ダイニングテーブル、ベッドサイド、ソファなど、人が何かをして過ごす場所を照らすように設置します。

悪い例は、シーリングライトだけでお部屋全体を照らすこと。

お部屋に影が生まれず、のっぺりとした奥行きのないインテリアになってしまいます。




2.生活感を無くすには、シンメトリーが大切


生活感を無くすには、インテリアにシンメトリー(左右対称)を取り入れることがおすすめです。

左右対称を意識することで、緊張感のあるインテリアになります。


たとえば、ベッドの上に枕を一つではなく二つ置く。

アートポスターはデザインが関連したものを二つ並べる。


このような、小物の置き方をシンメトリーにするだけでも、お部屋の印象は変わります。



ホテルライクな、生活感のないインテリアは、すっきりとした印象があり、どんな人にも好感度の高いインテリアです。

清潔感もあり、飽きがこないので、長く楽しめる点もおすすめですよ。


ぜひ、本記事を参考にインテリアを楽しんでみてください。





__



Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page