top of page

照明は小さいものを多数取り入れる

「住み心地の良い家」は照明次第であるとわたしたちは考えています。人は明かりを中心に生活をしている、そのように解釈をしているからです。読書をする時、食事をする時など、あらゆる場面で人は明かりを頼りにします。それは、昼間であれば「太陽光」がその役割をしているかもしれません。それだけ、知らず知らずのうちに明かりを求め、そこから中心に出来事がはじまっていきます。



そして、明かりは場の雰囲気を支配し、それによって人の感情さえも左右するものです。大切な人といくとっておきのディナーのお店には、煌々とした明かりはなく、食事をする人々の表情が読み取れるほどの穏やかな明かりだけがそこにはあるでしょう。だからこそ、普段の暮らしにはなかった感覚が研ぎ澄まされ、感受性も豊かになります。









そう考えると、住宅も、とっておきのレストランのように、わずかな明かりだけで過ごす時間があっても良いような気がします。青白い蛍光灯は確かに作業をするには便利なものですが、くつろぎの空間では不釣り合いなもの。そこで、一つの照明器具で室内全体の明るさを確保しようとせずに、間接照明を複数設置することをおすすめします。設置する際は、必要な場所に、必要なだけの明かりを置いていくイメージです。リビングであれば、食事をするテーブル上、ソファ横、寝室にはベッドサイドに。必要なだけの明かり、なので目線と同じ高さに照明の光源が来ると眩しさを感じてしまうので、照明器具のデザインや設置高さにも配慮します。



適切な場所に、ちょうど良い明かりさえあれば、周囲は暗くても快適に過ごすことができます。また、周囲が暗くなることで、室内の生活感のある風景(ノイズ)を取り払うことができ、くつろぎや安らぎの時間を演出することができます。つまり、暮らし方を考えていくと、自ずと照明計画も見えてきます。今夜はいつもの天井照明を消して、間接照明だけの灯りで過ごしてみましょう。普段とは異なる空間の中に、思わぬ豊かな時間が生まれてくるかもしれません。

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page