top of page

日本に残る名作家具 ジョージ・ナカシマと桜製作所

木を愛したデザイナーの精神が今もなお受け継がれている家具が、香川県にあります。


桜製作所では、日本に残る名作家具、ジョージ・ナカシマコレクションを日本で唯一制作をしています。

ジョージ・ナカシマは、デザインから製作まで一貫した家具づくりを目指し、自宅のガレージを工房として家具製作をスタートさせています。天然の木の個体差を見定め、魅力を最大限に引き出す木の使い方を考えながら製作をしました。

それらの家具はどれも作り手のあたたかみを感じられ、使いやすく無駄のないデザインは居心地をよくしてくれます。


今回は、ジョージ・ナカシマと桜製作所について、そしてナカシマコレクションの家具について紹介します。





1.日本生まれのジョージ・ナカシマ


ジョージ・ナカシマは、1905年に日本人の両親の間に生まれ、のちにアメリカへ。アメリカではデザイン、建築を学び、卒業後の世界一周旅行ではパリやインド、日本をまわりました。インドでの体験は、ジョージ・ナカシマのその後の人生に大きく影響を受けたと言われています。

その後、日本へ帰国し、父の紹介で建築家アントニン・レイモンドの事務所に入ります。事務所の同僚には坂倉準三や前川國男がいました。


第二次世界大戦が始まるころ、再びアメリカへ戻り、視察旅行へ出かけた先でフランク・ロイド・ライトの仕事を見て現地職人の技能に絶望します。そこで、ナカシマはデザインと製作を一貫して行うことができる仕事をすることを決意します。

太平洋戦争に差し掛かると、ナカシマは日系人ということもあり、強制収容所へ入所します。ここで日系人の木工職人と出会い、そこで木工の技術を教わることになります。ここでの体験がなければ、ナカシマの家具職人人生はなかったかもしれません。


そして、身元引き受け人だったアントニン・レイモンドのおかげで収容所を脱し、レイモンドが所有する農場があるニューホープへ移住します。そこでは小さな家のガレージを改装し、そこで家具の製作をスタートさせました。


このニューホープという地で、のちに自身が設計、建築に携わった「コノイド・スタジオ」が完成します。ここでデザインされた家具が、「コノイドチェア」です。



キャンティレバーという片持ち構造のこの椅子は、ぜひ実際に座っていただきたい椅子です。座面のゆるやかなカーブと、背もたれの角度は体を預けた時になんだか安心感を得られて、いつまでも座っていたくなります。




2.桜製作所との出会い


1964年、友人である彫刻家・流政之のアトリエに訪問したナカシマは、流の勧めで讃岐民具連と出会います。地方に根付く伝統技術を活かして、地方独自の商品を作るという活動は、まさにナカシマが求めていたものでした。そこで、いい職人がいる、ということで流を通じて桜製作所と出会うことになります。


当時の香川県は、デザイン知事と呼ばれた金子知事によ知事によりデザインが生活と密接した地域でした。金子知事の学生時代の先輩である画家の猪熊弦一郎は金子の良きアドバイザーで、猪熊は広い交友関係を活かし丹下健三やイサム・ノグチを香川に招きました。


そして、桜製作所で作られたジョージ・ナカシマの家具は、1968年に当時できたばかりの小田急ハルクにて「ジョージ・ナカシマ展」としてお披露目をされます。この企画はほぼ毎年行われ、第8回まで続きました。

この展覧会にはレイモンド事務所時代の仲間である前川國男、吉村順三、剣持勇、勇野口、渡辺力、長大作、イサム・ノグチも訪れました。


そして、今でも桜製作所ではジョージ・ナカシマの意志をついだ職人たちが家具を作り続けています。ナカシマの家具の魅力は、木の個性がもっとも生かされるように作られていること。木の素材をむだなく生かす手法はよくありますが、ナカシマはそれを超越し、まるで木に第二の人生をもたらすかのようです。

ナカシマの家具には割れた木も使われる。その割れた形をも美しく見えるように、ナカシマの手によって仕立てられるのです。


桜製作所の職人たちは、差し金など道具だけではなく、自分達の目と経験を大切にしています。それは、ナカシマが大切にしていた木と対峙するという精神を受け継いでいるということです。



桜製作所は、今も香川県にあり、一部はジョージ・ナカシマ記念館となっています。この記念館にはナカシマのご家族が今も運営されているニュー・ホープ製の家具が見られたり、桜製作所で作られた椅子に実際に座ることができます。



木と対峙することで生まれた家具は、暮らしの中にあるだけで、他にはない存在感を放ちます。そして、それは住む人の一生の居場所としてあり続けてくれるものです。



ジョージ・ナカシマ記念館


__





Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page