top of page

家具選び | 板目と柾目の印象の違い。

家具に使われる木材の木目には2種類あります。「板目」と「柾目」です。

今回は2種類の特徴だけでなく、インテリアに置き換えた時の見た目の印象の違いをお伝えします。





板目と柾目の違いは、丸太からどのように木材を切り出すかです。

下図左の切り出し方が板目、右が柾目の木材の切り出し方です。




板目の特徴

曲線の木目が特徴で、木の表情がよくわかります。樹種の違いによる特徴も出やすく、一枚の板材の中に色のグラデーションがみられる木材もあります。

あたたかみのある、ナチュラルなインテリアにおすすめですが、面積が大きいとすこしうるさくなる印象も。




柾目の特徴

直線的な木目が特徴で、均一で静寂なイメージがあり、日本家屋の障子の建具などにも使われます。

スッキリした印象にみせられるので、テーブルなど面積が大きい家具におすすめです。

板目と比較すると、丸太からとれる木材の量が少ないので、価格が割高になる傾向があります。



上記のように、同じ樹種でも板目と柾目によって、家具自体のデザインの印象も変わります。木製家具をオーダーできるメーカーであれば、板目や柾目を選択できることも多いので、購入時に一度相談してみることもおすすめです。


今日もありがとうございました。



Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page