top of page

家具・照明選びはいつから始めるべきか - 建築と家具はセットで考えましょう


マイホームを構想するとき、お部屋のレイアウトや建築のデザインから考えることが多いかと思います。家具や照明選びは、お引越し前の最終段階になってから・・そんな方は多いのではないでしょうか。


しかし、理想の暮らしづくりをするなら、家具や照明は初期段階(家の設計段階)から選ぶことが重要です。

今回は、お部屋のレイアウトや建築の構想と家具をセットで考えることのメリットをお伝えします。



本記事の目次

①建築と家具や照明をセットで考えることのメリット

②建築段階から家具を選ぶときのポイント



1.建築と家具や照明をセットで考えることのメリット



建築と家具や照明をセットで考えることのメリットは、次の2点です。

①置ける家具・照明に制限がなくなる

②実生活に伴った家づくりが実現できる


家具や照明は、単なる装飾ではなく、快適な暮らしを実現する道具。したがって、自分の暮らし方に合ったものを選び、適切な場所に配置することが重要です。


自炊が趣味の方の暮らしであれば、ダイニングテーブルは大きいものが良いですし、食器や調味料を入れて置く収納も必要になります。

また、ダイニングテーブルを設置する想定の場所には、主役級の照明器具が置かれるので、照明の配線位置には注意をする必要があります。


もしもコストや納期重視で急いでお部屋の間取りを決めてしまった場合、実際に暮らしに必要な家具や照明を置くことができず、不便な暮らしを強いられてしまう危険性があります。


このように、家具や照明は建築と切っても切り離せない関係性なのです。


マイホームの建築段階から、家具や照明をどんなものを選ぶか決めておくことで、お部屋の間取りや面積の制限にとらわれず、理想の暮らしづくりをすることができます。





2.建築段階から家具を選ぶときのポイント


家の設計段階から家具を選ぶことは重要ですが、家の完成前に家具を選ぶことはなかなか難しいですよね。

建築の段階で家具を選ぶ際のポイントは、「サイズ」です。


この段階では具体的な家具のブランドなどを決める必要はありませんが、サイズの検証はしておきましょう。

自分の理想とする1日の過ごし方を想像して、まずは必要な家具を決めていく。その次に、どんなサイズのものが自分の暮らしに一番最適なのかを考えます。


例えば、家にはソファがほしいと思った時に、休日は1日ソファで横になりながらテレビを見たい、という暮らしであれば、3人掛け以上で、奥行きも800mm以上あるゆったりとしたソファが理想です。

どんなサイズが良いのかは、ショールームに行ってみて、実際に自分の暮らしを想像しながら家具を試してみましょう。


そして、内装の床材や壁材が決まってきたら、家具のファブリックの素材や色を選んでいけば良いのです。


ぜひ、理想の暮らしづくりのために、家具や照明は建築とセットで考えてみましょう。



__







Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page