top of page

働き方の変化とインテリアの可能性。

リモートワークがいつの間にか定着しつつあり、働き方がここ1年ほどで大きく変わりました。今やオンラインで、世界中どこにいても、誰とでも、どんな情報とも繋がることができ、「働く」ということにおいては必ずしもオフィスに行くということが必然的なものではなくなりました。

「オフィスへ行く」ということは今まで当たり前だったのに(当たり前すぎて意識することがなかったぐらい)、今やその行為自体は能動的な行動になりました。つまり、「オフィスへ行く」ということが強制ではなく、一つの選択肢となったということです。


オフィス空間の意義とオフィスのインテリア


そんな世の中の流れがあったことで、「オフィス」という空間の意義について、あらためて考える企業が増えているような印象があります。

今までであれば、デスクとPCがあり、会議室があり・・と、仕事をする上で必要な設備が置かれることがオフィスの条件でした。しかし今やどこにいても仕事ができる時代。オフィスの意義とは何だろう?と考えたときに出てくるのは、「日常では得られない体験」ということだと思います。


例えば、従業員同士でコミュニケーションが生まれる場、仕事の合間にリフレッシュすることでインスピレーションが湧くような空間など、自宅では体験ができないことがオフィスには求められているような気がします。

状況や用途の変化に応じてフレキシブルに空間を自在にアレンジができる「ライブオフィス」という考え方も最近では聞かれるようになりました。これも、自宅ではなかなか体験できない、オフィスならではの体験の一つではないかと思います。


「オフィスへ行く」という行為が必ずしも必然的なものでなくなったとき、上記のようにオフィスの意義が問われることになります。そこで、オフィスならではの体験を提供し、働く人々の支援をするツールがインテリアです。従業員同士のコミュニケーションが生まれたり、集中した仕事にとりくめる環境や、ときには息抜きができる空間を作るためには、どんな家具を取り入れ、どのように配置するかがポイントになります。


コミュニケーションを生む環境にしたければ、会話がしやすいほどよくオープンなスペースかつ、座り心地の良い椅子、お茶をしたりメモ書きをする小さなテーブルもあった方がいいですよね。

このように、どんな空間にしたいかと考えたときに、建築だけではなく家具などのインテリアも重要なのです。


働き方が変化しつつある今こそ、オフィスは不要という考え方ではなく、オフィスをどう生かすかと考えインテリアから見直してみることが必要ではないでしょうか。








Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page