top of page

一家に一台 スツールのある暮らしのすすめ

更新日:2022年12月4日

みなさまのご家庭に、スツールはあるでしょうか。背もたれがないので、メインの椅子としてはなかなか使いにくいためか、インテリアが好きなお宅でないとお家には無い印象があります。


しかし、実はスツールは一家に一台あると、とても便利なのです。

今回は、暮らしの不便を解決してくれる、スツールの魅力をお伝えします。




スツールの魅力① 移動が楽、収納もコンパクト



スツールは急な来客があった時や、高いところにあるものをちょっと手に取りたいときにとても便利です。


スツールは商品によりますが、軽くて手軽に運べるので、いつでも必要な時に必要な場所は移動することができます。


また、artek社のスツール60をはじめ、スツールの多くは重ねて収納ができたり、背もたれがないので、テーブルの下に潜り込ませることが可能です。

したがって、使わないときはテーブルの下やお部屋のスミにコンパクトに収納ができるので決して邪魔になりません。




カールハンセン社のキューバチェアのように、折りたためるものもあります。



スツールの魅力② 座るだけじゃない、マルチに活躍



背もたれがないので、使い方も自由自在。


例えば、寝室やウォークインクローゼットに一台置いておけば、脱いだ服を一旦置いておく場所にもなるし、日常でよく使うバッグや時計などの小物を置く場所としても使えます。


また、個人的におすすめなのは、玄関に置くこと。

靴を脱いだり、履いたりする時に手荷物を一旦置く場所として使えますし、ロングブーツなど着脱に時間がかかる靴は、スツールに座って脱ぐことができます。



単に座るだけではない、スツールの魅力。


スツールだけでなく、家具はどんな使い方をしても良いと思っています。例えば、デスクとして販売されているものでも、自分の暮らし方に合えば、ダイニングテーブルとして使っても良いのです。


私たちのインテリアコーディネートサービスは、そのようなお客様の暮らし方に合うものや、暮らしの中で生まれる不便を取り除くことができる解決策を家具を通じて提案します。



一家に一台あると便利なスツール。ぜひ一つ検討してみてください。


__



Comentarios


記事: Blog2_Post
bottom of page