top of page

一人暮らしインテリア お部屋を広く見せるコツ3選


初めての新生活。待望の一人暮らし生活、お部屋は1Rや1K、1LDKの方が多いのではないでしょうか。

実家での生活とは異なり、一つのお部屋に全ての家具を置かなければならず、ベッドやテーブルを置くだけで、窮屈に見えてしまう・・なんというお悩みはないでしょうか。

せっかくなら、広々とした、おしゃれなお部屋に住んで、友人や恋人を招待したいですよね。



広いお部屋に引っ越せなくても、「お部屋を広く見せるコツ」はあります。

本記事では、ワンルームでもお部屋を広く見せるコツ3選をご紹介します。



 


こんな方におすすめの記事です。


  • ワンルームでもおしゃれに、広々と見せたい。

  • お部屋をすっきりとさせて、いつでも友達を呼べるお部屋にしたい。

  • すっきりとしたお部屋にして掃除がしやすいお部屋にしたい。


上記に当てはまる方には特におすすめです。




ワンルームでもお部屋を広く見せるコツ3選


お部屋を広く見せるコツ①背の高い家具は避ける

お部屋を広く見せるには「背の高い家具」を置くことはNGです。例えば天井まである本棚や、ハイバックのソファや椅子はおすすめしません。

ソファはできるだけ脚が低いローソファで、椅子も背もたれがないものや、低めの背もたれのものが良いです。



背が高い家具を置いてしまうと、お部屋を見渡した時に壁の面積が狭まり、お部屋の奥まで見渡しにくくなります。そうすると、結果としてお部屋が狭く見えてしまいます。


また、ベッドフレームも、ヘッドボードがない、脚付きマットレスのようなものがおすすめです。床にスノコを置き、その上にマットレスを乗せる方もいますが、個人的にはおすすめしません・・。

というのも、すのこだと床のお掃除をするたびにすのこを畳む必要があるからです。脚付きマットレスであれば、掃除ロボットや掃除機が下に入るので、掃除もしやすくおすすめです。


無印良品からお手頃価格かつ、品質もそこそこ良い脚付きマットレスが出ています。

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/S13301


お部屋を広く見せるコツ②面積が大きいアイテムの色は淡い色、ワントーンで揃える

お部屋を広く見せるコツ③家具の木部はフローリングの色と揃える



Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page