top of page

ダイニング用ペンダントライト照明予算別おすすめ

お部屋の主役となり、お客さまをもてなす空間にもなるダイニングには、照明選びがとても重要です。1日のうちに何度も使用する場には、できる限り予算をかけたとっておきの照明を選んでみましょう。


インテリアは予算配分が大切です。主役にしたいお部屋には最も予算をかける、その中でもとくに目立つアイテム(ソファやテーブル)にお金をかけましょう。逆にそれ以外、あまり目に入らない寝室や買い替えが発生する子供部屋は予算を低く抑えられます。


今回は、ダイニングに設置する照明の中でも最も使いやすい、ペンダントライトを予算別に紹介します。ご自身の予算や、インテリアの雰囲気に合わせて選んでみてください。



本記事の内容

1.ダイニング用ペンダントライトおすすめ 5万円以下


2.ダイニング用ペンダントライトおすすめ 5万円〜10万円


3.ダイニング用ペンダントライトおすすめ 10万円以上



1.ダイニング用ペンダントライトおすすめ 5万円以下


CARAVAGGIO P1 (カラヴァッジオ)| FRITZ HANSEN(フリッツハンセン) ¥40,700

スチール製のシェードは、横方向には光が漏れないため、テーブル上をスポット的に照らすことができ、ドラマティックな印象を演出できます。周囲をあまり照らさないということは、室内のノイズ(見せたくないもの)を減らす効果があります。上部の開放部から天井に向かって光が漏れる様は、遠くから見ても美しい情景です。




2.ダイニング用ペンダントライトおすすめ 5万円〜10万円


FRISBI(フリスビー) | FLOS(フロス) ¥66,000

イタリア人のFLOS創業者でもあるアッキーレ・カスティリオーニがデザインした照明で、「照らす」という照明本来の機能を追求した美しいペンダントライトです。

円盤状になっている部分に光が適度に反射し、周囲に柔らかな光と影を演出します。




GLO-BALL(グローボール) | FLOS(フロス) ¥81,400〜

ミニマムなデザインがジャスパー・モリソンらしいデザインで、やわらかな楕円形のシェードがシンプルな中にもあたたかみを感じさせます。シェードはランプを挿入する部分を極力小さくすることで、より大きな範囲で発光し、お部屋全体をおだやかに照らします。



3.ダイニング用ペンダントライトおすすめ 10万円以上


PH 3/2 ペンダント | Louis Poulsen(ルイスポールセン) ¥118,800

いわずと知れた名作照明、ポールヘニングセンがデザインしたPHシリーズはシェードの枚数の違いで様々な種類がありますが、おすすめはPH3/2というやや小ぶりなサイズ。

テーブルの幅の3/1程度の大きさの照明が適正とされており、小ぶりなサイズの照明を一つまたは複数吊ることでスッキリと洗練された印象になります。また、複数吊ることでテーブルの端まで光を行き届かせることができます。






お部屋の主役になるダイニングに、どのようなペンダントライトを合わせるかでお部屋全体の印象も左右します。ぜひ本記事を参考に、どんなお部屋にしたいかというイメージを持ちながら選んでいただければと思います。







_

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page