top of page

ダイニングテーブルと椅子選び。

暮らしの中心となるダイニング。ダイニングテーブルや、ダイニングチェアを選ぶ際に重視すべきポイントをお伝えします。



ダイニングテーブルは、サイズと脚の付き方が重要です。


サイズ選びのポイント |

テーブルと椅子をセットで置いた際に、周囲に少なくとも60cmのスペースは必要です。

この60cmというのは、人一人がぎりぎり通れるくらいの幅になります。ですので、できれば90cmは空けておくと家事がしやすくなります。

また、天板のサイズは一人あたり幅60cm×奥行き40cmが必要と言われています。したがって、4人掛けであれば、最低でも幅120cm×奥行き80cmのテーブルでなければなりません。


テーブルの脚のつき方について |

テーブル脚の着き方は、椅子選びにも関わります。

例えば、テーブルの四隅に脚がついていれば、テーブルの4隅をくまなく使えるので、合わせる椅子の種類を選びません。

反対に、テーブルの天板に対して内側に脚がついている場合は、椅子の脚がテーブルの脚に当たってしまう可能性があります。テープのデザインが気に入っていれば、それに合わせたダイニングチェアを選ぶ必要があります。


左図が、テーブルの四隅に脚がついているもの。右図はテーブルの天板の内側に脚がついています。どこに脚がついているかによって、足元のスペースが変わります。

また、左図はどっしりとした安定感のある印象になるので、重厚感のある落ち着きのあるインテリアと相性が良さそうです。右図は軽やかな印象なので、明るい北欧インテリアに合いそうです。


ダイニングチェアを選ぶ際のポイント |

座り心地はもちろんのこと…ですが、座面の高さと、重さです。

座面の高さはSHと表記されます。椅子の座面の高さに対して、テーブルの高さは+30cm程度あることが理想です。

30cmよりも低ければ座った時に窮屈に感じますし、30cmより高ければ食事などがしにくく感じてしまいます。




また、重さに関してですが、ダイニングチェアは頻繁に動かす家具なので、できる限り軽いものを選ぶのが良いでしょう。

木製家具でも、フレームが細いものは軽いものもありますので、店頭で選ぶ際は座り心地だけでなく自分で楽に動かせるかどうかも重視しましょう。


ぜひ家具選びは店頭で、と聞くことも多いと思いますが、その根拠は、上記のように体感しなければわからないことが多々あるからです。

日常的に使う家具だからこそ、納得がいくまで考えることが大切です。


今日もありがとうございました。

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page