top of page

インテリアは「場」をつくるもの

素敵な家具やアクセサリーで整えられたレストランやホテルの客室。そこで過ごす時間はいつもの日常とはちょっとだけ背伸びをしたくなるもの。

食事をするときや話をするとき、座る時の姿勢さえも、いつもより少し、美しく見えるように意識してしまう。そうした非日常な空間は、そこで過ごす人々の行動を変える効果を持っています。


そして、その空間を作り出しているのはインテリアなのです。

照明や家具、インテリアアクセサリーのセレクトや置き方などによって、空間の雰囲気を演出し、「豪華な」「おしゃれな」などの場の雰囲気を作り出します。


逆に言えば、「こんなふうに演出をしたい」ということに対しては、それを実現できるインテリアを選んでいけば良い、ということです。

例えば、リビングを「仕事の疲れを癒す空間にしたい」とするならば、照度を落とした照明、座面が広く横になれるソファ、コーヒーカップや本をおけるサイドテーブル・・など、癒しの空間を演出するためのインテリアを用いれば良いのです。

お部屋全体の話だけでなく、仕事に集中する空間を部屋につくりたいと思ったら、手元が見やすいデスクライトがあるだけでも変わります。


つまり、インテリアはただ単にお部屋のデコレーションではなく、どんなふうに過ごしたいか、という「場」をつくるものなのです。



Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page