top of page

インテリアに合うデスクオーガナイザー |整理小物3選

せっかくデザインのいい家具が揃っていても、ものが部屋中に散乱してしまっていては乱雑な印象になってしまいます。

特に、テーブルやデスクの上、玄関は細々としたものを使う場所ですが、ついついその辺に置いてしまいがちです。


今回は、つい散らかしてしまいがちな小物を美しく整理できる、デスクオーガナイザー(整理小物)をご紹介します。

今回ご紹介するのは、インテリアにも馴染み使い勝手が良い、耐久性があるというデザイン性が高いものを選びました。

目につきやすい場所ほど、いつもよりワンランク上のものを選んでみることがポイントです。


本記事の目次

・おすすめデスクオーガナイザー①「オーガナイズ」|moebe

・おすすめデスクオーガナイザー②「イノスボックス」|USMハラー

・おすすめデスクオーガナイザー③「スライド」|フリッツハンセン



・おすすめデスクオーガナイザー①「オーガナイズ」|moebe


オーク材でできたボックスは、高さ45mmとやや低めなので、書類入れや文具収納におすすめです。

サイズ展開が2種類(A4サイズとA5サイズ)があり、それぞれスタッキングできる点が魅力です。収納するものの量に応じて買い足していき、積み重ねても美しい佇まいです。

書類などを入れるトレーはプラスチック製のものが多いですが、木製はインテリアと馴染みがよいのでおすすめです。

パーツ同士はゴムでとまっているだけというシンプル設計なので、とても軽く、持ち運びも簡単ですし、ばらすとコンパクトにまとめられるので、お引越しが多い方にも便利です。



オーク材がナチュラルな印象にはなるので、北欧インテリアと相性が良さそうです。また、デスクと合わせるならば、スチール脚など直線的なデザインのものと合わせると、より洗練された印象になります。




・おすすめデスクオーガナイザー②「イノスボックス」|USMハラー


USMハラーといえば、オフィス向けのモジュール式の家具が有名です。(モジュール家具についてのご紹介は過去記事に https://www.historie-shop.com/post/理想の暮らしを叶えるモジュール家具の特徴、魅力  )

そんなモジュール式家具のサイズにぴったりあった「イノスボックス」という収納ボックスがあります。USMハラーの家具と同様、スチール製でできており、直線的なデザインがモダンで洗練された印象を受けます。デザイン性が高いので、単体で使用をしても違和感がありません。

また、USMハラー同様にカラフルなバリエーションがある点も他にはない魅力です。



カラーバリエーションが豊富で、スチールの素材が光沢があるので、ミッドセンチュリーのようなモダンデザインと相性が良さそうです。カラフルな小物をインテリアに取り入れる場合、随所にポイントカラーを仕込むとまとまり感が出ます。






・おすすめデスクオーガナイザー③「スライド」|フリッツハンセン


こちらはミラーがついているオープンタイプの収納トレーです。「スライド」という名称の通り、ミラーが乗っている木製のトレーは左右にスライドすることができ、単体で使用することもできます。

下段はコンクリートですが淡いグレーなので無骨になりすぎず、ナチュラル感もあります。収納部分は深さも適度にあるので、コスメ道具やアクセサリーを入れるのにおすすめです。

ミラーは元々の仕様で、やや褐色がかっていて実際より暗めに写りますので要注意です・・。ともあれデザインは素敵なので、簡単な身支度として使えば問題はないでしょう。



フリッツハンセンといえばデンマーク、北欧インテリアですが、円形のミラーがやや和風のイメージもあります。和モダンのようなインテリアと合わせると、他とは一味違った空間をつくることができます。












Kommentarer


記事: Blog2_Post
bottom of page