top of page

【家具は目的で選ぶ】自分の居場所パーソナルチェアのすすめ

家具を選ぶ時に、いちばん大切にしていただきたいことは、「どんなふうに過ごすか」ということです。

まずは、自分達の1日の暮らし方を思い描いて(できるだけ、具体的に)、書き出してみるのです。


・毎朝7時に起きて、朝食の準備をする。

・起きたらすぐに、コーヒーを飲む。

・仕事から帰ったら、長風呂をする。


毎日のルーティーンを書き出してみることで、無意識にしている行動がわかり、必要な家具、そしてどこに置いたら過ごしやすいか、使いやすいか、というレイアウトまで、自然と明らかになります。


朝起きてコーヒーだけ飲む人と、しっかり朝食を食べる人とでは、必要なキッチンの広さも異なるでしょう。

なんとなくのイメージで家具を揃えてしまうのではなく、できるだけ具体的に、日々の行動を振り返ってみることがおすすめです。



そんなふうに行動を書き出してみたときに、家にあると良いのが自分だけのパーソナルスペースです。

家族や恋人と一緒に暮らしていても、たまには一人だけの時間はほしい。また、一人暮らしの方でも、お部屋の中に楽な姿勢でくつろげるスペースは必要です。


そんな時にうってつけなのは、パーソナルチェアです。ソファほど大きくはないので場所をとらず、チェアよりは大きいのでゆったりと過ごすことができます。また、ハイバックのデザインであれば、周りの目線も気にならず自分だけの時間を楽しむことができます。

人間は広い空間よりも、適度に囲まれた空間の方がリラックスできるという方が多く、ダイニングチェアよりも高さが低いので、足元も楽な姿勢をとることができます。




フリッツハンセンから出ている「ロオチェア」(写真左)ロオとはデンマーク語で「静けさ」を意味します。一人掛けとはいえ、大人でもゆったり包み込まれるような座り心地が魅力的です。家の中での過ごし方は、やはり北欧ブランドが得意とするところです。(その理由には、北欧ならではの気候と暮らし方にあります。。)


お部屋の中に、自分だけのスペースをつくりませんか。自分だけのスペースで、時間を忘れて過ごしましょう。



___

Comentarios


記事: Blog2_Post
bottom of page